アーカイブ

東京~仙台へ。<後編>

皆様こんにちは。

 

東京~仙台へ。の後編です。

(前編はこちら

 

 

 

ポール様と、私の大切な仲間の皆さんと夢の時間を共有した翌朝。

心の中はエネルギーチャージ満タンです!

 

 

今日は人生初の仙台へ。

 

仙台=伊達政宗・牛タン・笹かまぼこ・ずんだ。

私の中にあるのは、その程度。

知識と言うにもはばかられるレベルの薄すぎる知識だけ。

 

 

東北地方へは以前、青森県に友人に会いに行った一度だけ。

その時は飛行機でしたが今回は、東京から東北新幹線に乗車です。

 

63731

東北新幹線はやぶさ。

この色といい流線型の顔といい、かっこいいですねえ。

 

前に並んでいた外国人と同じレベルで写真を撮る関西人の私(笑)

 

 

寝過ごしたら新函館北斗?(←駅名あやふや)まで行ってしまうので、眠すごすわけにはいかず。

隣で従姉Tちゃん、連日の疲れもあって爆睡w

 

 

途中、きれいな山脈が見えました。

 

およそ一時間半で仙台へ到着!

天候にも恵まれ、さほど寒さもなく少し歩いたら汗ばむくらいでした。

 

 

 

 

前回のポールのコンサートの翌日に上野動物園へ一緒に行った、もう一人の従姉Aちゃん&娘のMちゃんが、パパさんの転勤で東京から仙台へ移ったのが今年の夏。

 

ならばこの際、仙台へ会いに行こう!と、ポールのコンサートのチケットが取れた時点で従姉Tちゃんと即決。

 

平日だったこの日、通常なら幼稚園に行っている4歳のMちゃん。

ところがなんと、たまたまこの日が入園説明会とかで幼稚園はお休み。

これ以上ないばっちりのお膳立てがなされました。

 

 

私とTちゃん、「うちら、持ってるねえニヤリ

神様、ありがとうございます!

 

 

仙台に引っ越してまだ3か月のAちゃん、人生初仙台の私とTちゃん。

仙台駅で改札前で「どっち?どっちから出るん?」と、大人三人揃って右往左往(笑)。

 

 

とりあえず出てみよう、大きい方の改札を出たところで、Aちゃん&Mちゃん発見!

 

一年半ぶりに会うMちゃんは、大きくなってました。

元気いっぱいで相変わらず可愛いMちゃん。

従姉Aちゃんも元気そうで一安心。

 

 

 

少し早めのランチを済ませ、在来線に乗りました。

 

電車の扉がボタンで開閉になっていることに驚きました。

寒い冬に乗降する人が居る場合のみ開閉するシステム。

よくできてる~。

 

 

ふと駅の路線図を見ると、陸前○○という駅名がずらりと並んでいました。

「ああ…そうか、この辺りが…」と胸が痛みました。

 

阪神大震災を経験した者としては他人事ではなく、それに加えて津波が襲ったなんて、言葉が見つかりません。

電車に揺られながら想いを馳せ、心の中で手を合わせました。

 

Aちゃん家族が仙台に転勤になっていなければ、仙台へ足を運ぶ機会はなかったかもしれません。

これも何かのお計らいなんだろうと思います。

 

 

 

 

そうこうしているうちに到着しました。

 

 

仙台うみの杜水族館

63778-2

従姉のAちゃんとTちゃん、Aちゃんの娘Mちゃん。

ああ、なんていい写真。(顔はお出しできませんが全員満面の笑み)

 

 

Aちゃん親子は二回目だそう。

今回、年パスを購入してました(笑)

 

 

 

前回Aちゃん&娘Mちゃんと行ったのは、東京の「上野動物園パンダ」。

そして今回は仙台で「うみの杜水族館うお座」。

 

 

4歳のMちゃんが、私と従姉Tちゃんのことを、

『生き物が居るところにしか連れて行かないおばちゃんたち』

と認識するのは時間の問題だと思われます。

 

 

 

63829

水族館の大きな水槽って本当に無心になれます。

いつまででも眺めていられます。

 

 

水族館に、

63828

なぜかリス。

でもって、すんごい可愛い。

 

 

 

63784-2

Mちゃんとかくれんぼ。

 

 
63781-2

Mちゃん画伯、水色とピンクのストライプでタツノオトシゴをぬりぬり。

 

塗り絵をしたら画像を取り込んでくれて、プロジェクターに映され動きます。

すごい技術とサービス。

 

63782

しかも、取り込まれたパーツを触ると泡が出たりもします!

 

 

 

 

そして、40歳以上年の離れたおばちゃん史津香はというと、

63827

ウミガメと、

 

 

 

52555-2

メガネカイマンに夢中。(大ウケしながらAちゃん撮影)

同じ目線になれば、通じ合えると思っている45歳。

 

 

 

 

目つきの悪いフェアリーペンギン。

63833

ちっこいけど「やるかコラ💢」的な。(Aちゃん撮影)

 

 

 

 

とある水槽の前で、Mちゃんが指をさして訊いてきました。

「ねえねえ、これなあに?」

 

見れば水槽の隅っこに不思議な塊が。

「えーっとこれは・・・マンジュウヒトデ・・・じゃないかなぁ。」

と答える史津香。

 

そしてモニターで名前を確認すると、まさかの正解。

正解を出した自分にびっくり。

 

 

更に、同じ水槽にはちっこい黄色の魚が居まして、岩にへばりついていました。

これがまた何とも言えない不思議な風貌。

 

「わ~、かわいい~!」と言った私の隣で、

従姉Tちゃんが、

「これね、カエルアンコウ。」と、即答。

知ってるのが当然の勢いで。

 

 

なんなんや、うちらw

どんだけ生き物好きやねん。

 

 

 

ちなみにこの後、アオダイショウヘビのケースにへばりついて、

「可愛いな~、アオダイショウ。懐かしいわ~。」

と呟いた私の横で宮崎育ちの従姉Tちゃんが、

 

「宮崎に行けば今でもそこら中におるよw 懐かしくもなくなるでw」

と一言。

 

爆笑。

 

 

 

 

そろそろ帰りの時間が迫り、Aちゃん&Mちゃんともここでお別れ。

Aちゃん一家が仙台に居る間に、仙台の温泉旅行へ行こう!と話しました。

 

 

 

 

そんなこんなで慌ただしくも面白おかしく充実した仙台。

 

 

 

TちゃんもAちゃんも従姉妹同士で私とは歳が一つ違い。

大人になって従姉妹が仲がいいのは多分珍しい関係。

大人になったからこそそれぞれの自由意思で会える幸せ。

Tちゃんの父親とAちゃんの父親は9歳離れているけど、同時期に親となり私たちを育ててくれたことに感謝です。

 

 

 

仙台空港から大阪へ飛行機飛行機で帰路に。

二日間で東京と仙台に行けて、しかもめちゃくちゃ充実した二日間でした。

 

 

 

みんなに心からありがとう照れ

また元気で会えますように虹

 

広告

東京~仙台へ。<前編>

皆様こんにちは。

 

11月1日~2日、行ってきました。

初日は東京新幹線後ろ新幹線後ろ新幹線前、翌日は仙台へ新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線前

 

 

泊りで出かけたのはいつぶりだろう・・・と振り返れば、前回も同じくイギリスポール・マッカートニーカラオケが来日した時でしたガーン

 

 

今回も従姉のTちゃんと二人して東京へ向かいました。

新幹線の車窓から、富士山富士山がとてもきれいに見えました。(実は初めて見えた・・・笑)

63552

なんと、パシャパシャとった内の一枚が、逆さ富士富士山まで撮れていて感動。

偶然の産物です。

 

 

 

待ちに待ったポール来日日本

前回もこれで最後かも、と思っていたらニューアルバムが発売になり、これまでアルバムがリリースされるとワールドツアー飛行機を行う流れだったので、ひそかに期待しておりました。

そうしたらまたまた来日してくれました。

 

ファンじゃない人にとっては、え?また来たの?的な(笑)

 

でもファンにとってはこの上ない喜び。

ポールの生歌を聴けるなんて。

 

御年77歳。

すごすぎるエネルギー。

 

 

 

到着しました、東京ドーム!

20181102_004311

はああああ、かっこいい。

 

 

会場が30分遅れで、開演も同じだけ遅れました。

東京在住のMさんとYさんにも席で合流。

お二人ともお仕事終わりで駆け付け、開演が遅れたので間に合いました。

いえ~い爆  笑

 

「走れるとこ全部走った!」と仰ったYさんに爆笑。

 

 

 

今回は、もうお一人大阪から初のご参加者Sさん。

夕刻、お一人でお越しになられ、席は離れていたのでコンサート後に集合することに。

 

 

 

今回も場内は動画はNGですが、写真はOKとのこと。

ありがたい。

 

なので、写真は撮りました。

20181102_004454

今回もステージ両脇の巨大なモニターに映し出されるポール。

ポールが喋ると同時通訳の日本語字幕もモニター下部に表示されました。

 

 

 

A HARD DAY’S NIGHT でスタート!

前半は新曲や、デビュー曲のLOVE ME DOなど。

後半は往年のTHE BEATLES ナンバーや、WINGS 時代の大ヒット曲の数々。

 

 

ウクレレも上手だったというジョージ・ハリスンに捧げると言って、ウクレレでの弾き語りで歌い始めたジョージの名曲、SOMETHING。

 

曲の後半からはオリジナルの曲通りのバンドも演奏も加わって、ステージと両脇の巨大モニターに映し出されるTHE BEATLES とジョージの映像。

 

もうだめだ・・・ついに涙。

 

 

ジョンの曲も数曲歌ってくれて、ファンにしてみれば感激以外の何物でもなく。

 

 

ポールにしては珍しく、エレナリグビーの歌い出しを間違い、仕切り直し。

「うん、今のはちょっとね、みんなにサプライズだから口笛

と愛嬌たっぷりのポール。

 

 

 

2時間半以上に及んだ夢の時間は、「マタキマス!」のポールの言葉とともに幕を閉じました。

神様、どうかポールを長生きさせてください・・・。

 

 

 

 

東京組のMさんがコンサート後のお食事の場所を予約してくださっていて、開演時間が押したために大幅に予約時間から遅れてしまい、お店にご迷惑をかけるので、と先にYさんとともにアンコールは聴かずにお店へ行ってくれました。

申し訳ございませんえーん

 

 

私とTちゃんも、もう一人のSさんと連絡を取り合い、Mさんが画像でも送ってくれたお店のある場所へダッシュDASH!

 

とんでもなく大混雑のコンサート終了後のドーム界隈。

はぐれたら終わりなので、Tちゃんに手をつないでもらって走る走る。

 

 

ゼーハー言いながらお店に着くと、Sさんもご到着。

良かった~。

 

 

お店の方のご厚意で、ラストオーダーを30分遅らせてくださいました。

コンサート後の宴会はとっても楽しく、いろんな話題でワイワイ。

 

 

お店を予約して先にお店に入ってくださっていたMさん。

そのお店のお料理もおいしく、しかもMさんにご馳走になってしまいました滝汗

何から何まで本当に、何とお礼を申し上げてよいやら…。

 

皆様わたしのお店のお客様でもあるので、本来なら私がご馳走すべきなのに。

なんてこった、です。

 

 

 

今回のMさん、Yさん、そして初ご参加のSさん。

どなたも新しい人生のスタートに立っていらっしゃる方々。

従姉Tちゃんもとっても楽しそう。

 

 

東京組のYさんが盛り上げてくれたおかげで、このメンバーに初参加だった大阪からのSさんも、すっかり打ち解けてくださってホッとしました。

 

 

 

帰りは、ドーム前のホテルに向かう私とTちゃん班、電車でホテルのある所へ向かうSさんと東京組のMさん&Yさん班に別れたので、名残惜しい気持ちを抑えつつ、ご挨拶をしてお別れしました。

 

Mさん&Yさん、そして初ご参加のSさんは最寄り駅へ。

 

なんでも、駅のホーム越しにLINEのやり取りをなさっていたとかで、初対面でもそうした交流をしてくださっていたことに心から嬉しくなりました。

 

 

 

それぞれが強いエネルギーを備えているのが感じられます。

みんな、絶対に大丈夫。

 

 

Mさん、Yさん、Sさん、そしてポール様。

最高に楽しくて幸せなひとときを有難うございました!

 

 

興奮冷めやらぬ私とTちゃんはホテルに戻って就寝したのが、午前2時前。

 

翌朝は早起きせねば!と思っていたからか、枕が合わなかったからか、あるいはその両方の理由からか、浅~い眠りのまま3時間ほどで目が覚めました(←ミラクル)。

 

起きたら支度をして朝食を済ませ、いざ人生初の仙台へ!新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線前

 

<後編>へ続く。

 

お墓参りとリセット。

皆様こんにちは。

酷暑です。
とんでもなく暑いです。
体力に自信のある人ほど、油断なさっているようです。
どうかどなた様も無理なさらずご自愛くださいませ。
例年のように仕事帰りの電車の車窓から、乗り合わせた多くの乗客の皆さんと共に淀川花火大会の花火をほんの少し見ることが出来ました。

ドーン

花火

ドーン

花火

夏ですね。
あ、写真はありません(笑)
日曜日の本日、お盆の混雑前にお墓参りへ行ってきました。
朝のうちに行って昼前に帰ってきましたが、汗だくになりました。
首から提げたタオルで滝のように落ちてくる汗を拭きながら、水を飲みながらのの草むしり。
去年のお盆のお墓参りのときはヒグラシが鳴いておりましたが、今年はつくつくぼうしが鳴いていました。
直射日光を避けるために日傘をさしてお参りです。
祖母と母よ、生きている私達は肉体に縛られているので帽子や日傘が無いとぶっ倒れてしまうのです。
だから、帽子は脱いでいるので無礼を承知で日傘をさして手を合わせることを多目に見てやって下さい。
心のなかで母に話しかけ、報告し、また来るね~、と早々に退散です。
霊園はとても広く、駐車場と墓地エリアを結ぶ通路があるのですが、その通路がとても好きなのです。
蝉の声、風が揺らす木々の音、鳥のさえずり、木々の香り、清々しい空気。
今日も通路の途中で立ち止まり、
すー、ふー。
すー、ふー。
深呼吸。

この木漏れ日に包まれた束の間、体の中に溜まっていたものが排出されてリセット出来ました。

映画「ピーターラビット」

ピーターラビット https://g.co/kgs/MwSGfx

観に行ってきました

爆笑

めちゃくちゃ可愛いうさこたちが、なかなかのわんぱくと知恵を使って、うさぎ達を害獣だとして退治しようと必死になる人間の男性に、やり過ぎじゃね?くらいやっちゃう作品。
上映中、何度も観客の大笑いがあちこちから響き大人も子供もゲラゲラ笑いながら観られました。
エンドロールの終了後、「みんなのうさちゃんたち」として一般公募で投稿されたたくさんのうさこたちが流れ、そこで涙が出てしまいました。
その映像がおわったら、最後の最後で素敵なメッセージがスクリーン一杯に表示されます。
うさこファンならずとも楽しめる作品だと思います。
最っ高でした!
本気でもう一回観たいです。

今年もよろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます。

旧年中もたくさんの方々に当ブログを読んで頂き、心より感謝申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

さて本日1月3日でお正月休みも終了で明日から通常の営業となります。

*4日~6日は既に満席となっております。沢山のお申し込み有難うございます。

 

 

 

開店以来、初めてゆっくりする時間を過ごすお正月となりました。

有難いことです。

 

 

 

 

大晦日は、年越しうどんを食べながらガキ使を見ていて思わずうどんを吹きましたチュー

今回は山菜+山かけ。

ゆく年くる年カマボコ、毎年楽しみで今回のわんこも可愛い。

お客様から沢山いただいた柚子もそえて。

Kさま、いつも有難うございます。

美味しく頂いております。

 

 

 

今回の大晦日も彼氏が来て、うどんをズルズルすすりつつ年が明けました。

 

 

 

 

元日。

 

 

今年のお雑煮はご汁ベース。

ご汁とは大豆をすりつぶした粉をお味噌汁に入れたもの。

IMG_20180101_100810

お客様からプレゼントして頂いた、可愛すぎるうさこの箸置き。

何年であろうが我が家はうさこです。

 

 

 

夕刻~夜は彼氏がまた来訪し、ようやくお節おせちをオープン。

これまたお客様から頂いた鎌倉ハムも。

もう、美味しすぎます…。

K様、本当にいつも有難うございます。

ご馳走さまです。

 

数の子、イクラ、たらこは札幌の親戚から送られてきました。

 

 

 

夕刻に彼氏が来訪→お節減らしの主たる要員。

お雑煮でお餅鏡餅を4個軽く平らげ、白米もお節もしっかり食べ、その後しっかりおやつも食べる人。

 

 

 

夜は撮り溜めしている番組を見て穏やかに過ごしました。

 

 

 

 

1月2日。

 

 

Tちゃんはお仕事の為不参加でしたが、いつものメンバーで初詣へ。

今年も西宮神社絵馬です。

毎年福男が猛ダッシュするあの神社です。

ちょうど、弓の奉納が行われていました。

厳かな雰囲気に立ち会うことが出来ました。

新年早々、幸先が良いです。

 

 

2017年を無事に一年過ごすことが出来たことの感謝と、2018年を皆が健康で穏やかに過ごせるよう願いました。

 

 

参拝後、ここで必ず買うと決めている『三宝屋』のベビーカステラを購入。

父、彼氏、私の三人であっという間になくなりました。

 

 

 

西宮神社を出て、阪急西宮ガーデンズへ、ランチとショッピングに向かいました。

 

 

パパイヤリーフというお店で、

ガパオライスと生春巻きのセット。

辛いけど美味しかったです。

スパイス効果で体もぽかぽか。

 

 

 

カルディがオープンしているとのことで、コーヒーと紅茶を買いに寄りました。

カルディはついつい長居したくなります。

あれこれ見てるだけでも楽しくてたまらないです。

IMG_20180102_134524

量り売りの豆を中挽きにしてもらい、2種類400gずつ購入。(めっちゃいい香りコーヒー♪)

紅茶は絶対にミルクティ派なので、アールグレイを二箱。(これもいい香りコーヒー♪)

スープリゾットは同行していたお友達Gさんがプレゼントしてくれました。

 

 

 

帰り際、西宮ガーデンズの入り口で、我々一行がお世話になったり親しくさせて頂いている整体のA先生おじいちゃんとばったり遭遇。

一同びっくりで、図らずも新年のご挨拶ができました門松

 

 

 

夕刻から彼氏がまたまた登場し、しっかり食べてくれました。

 

 

 

3日の本日、従姉のTちゃんが仕事明けに来てくれる予定でウキウキです。

お節もお雑煮もTちゃん仕様なので、食べてもらわなくちゃ。

 

 

 

食べてくれる人がいるから作り甲斐があるってものですね。

つくづく思いました。

 

 

 

人は一人では幸せになれない。

自分以外の誰かの笑顔の為に何が出来るか。

その想いを受け入れてくれる人が居て初めて自分も幸せになれる。

自分の欲を満たすだけの行いは独りよがりでつまらない。

 

 

 

去年の年越しは、彼氏が若かりし頃に除夜の鐘を滅多打ちにして坊さんに怒られた話で抱腹絶倒でしたが、今年のお正月は彼氏とそんな話をしていました。

 

 

 

自分がこしらえたものを食べてくれる人がいる、

くだらない話をし合ってゲラゲラ笑える人がいる、

時々大切な事に気付かせてくれる人がいる、

健康で幸福でいて欲しいと心から願える人がいる、

 

幸せって一人じゃ成り立たない。

かといって誰かに求めるものでもない。

 

自分以外の誰かの幸せを願えているその心が幸せ。

 

 

 

今、自分が幸せなお正月にあることに有難い気持ちでいっぱいです。

 

 

 

皆々様にとりまして、健康で充実し、善きお計らいとお導きのある一年となります様、心より願っております。

 

 

 

 

幸福な時間。

皆様こんにちわ。

 

昨日は臨時休業をさせて頂き、かかりつけ医のところへ定期検査に行ってまいりました。

検査結果は、安定~やや改善の兆し、といったところでした。

お薬はまだ毎日服用中ですがもう少し落ち着いて来たら服用しない日を作っても良いとのこと。

 

「その後、どうかな?」と医師に聞かれ、

「毎日野菜ジュース飲んでたら顔と手が黄色くなってきた。」と答えると、

大笑いしながら「黄疸出てないよね?!」と肝臓の数値を確認されました。

はい、出ていませんのでご安心を(笑)。

蜜柑を食べてばかりいると手が黄色くなるっていう、あれです。

 

肌が黄色くなってきたのを機に、美白クリームを塗りこむ私。

紫外線が理由ではないので、気休め一人いたちごっこ中です。

 

 

 

 

一昨日の定休日は、幼馴染Y♂の初ベビーご対面を果たしました。

ちょうど8か月になったYちゃん(父娘イニシャル同じ)、Y、奥様Hさんとランチへ。

 

 

待ち合わせ場所に着くと抱っこ紐を装着し、Yちゃんを抱いているYの姿が。

40年近くになる付き合いのYですが、その『パパ姿』が可笑しくて不思議な感覚でした。

 

 

久しぶりに会う奥様のHさんも元気そうで、産後とは思えないくらい相変わらずモデルさんの様に綺麗で、さすがだなぁと感心しきり。

 

 

Yちゃんをあやし、ぐずり始めたらお店の外へ連れて行き、戻ってきたらミルクをあげながら我が子の柔らかなほっぺをぷにぷにしているYの様子は、何とも微笑ましく、子煩悩ではないYでもこうなるものかとニヤニヤしてしまいました。

 

 

8か月のYちゃんは、きりりとした顔立ちの男前な女の子。

見れば見るほど可愛くて、どれだけ見ていても飽きずに見ていられる。

写真撮りまくりました(笑)

 

 

この子の瞳にはこの景色がどんな風に映っているんだろうと、Y&Hさんと話しておりました。

 

 

抱っこさせてもらい、「Yちゃんの手相見えへんかな~と思ってんねんけど。」と言うと、

突然スイッチが入るY&Hさん。

二人揃ってテーブル越しに身を乗り出し「おお!見たって見たって!」と、グーされているYちゃんの手を開こうと頑張る夫婦(笑)

ご夫婦協力のもと、どうにか左右両方の手相が見えました。

 

 

「うん。バランスの取れた良い手相やと思うよ。」と言うと、とても嬉しそうなお二人。

「実は、赤ちゃんの手相ってね、どの子も希望でいっぱいの手相なのよ。余計な線が無くて、ほんとに綺麗で良い手相やねん。だから赤ちゃんの手相見ると幸せな気持ちになるねん。」と話すと、「へ~~~!」と興味深そうな二人。

「てことは、どんどん線が変わっていくってこと?変わるん、手相って?」と、Y。

「そうやねん。生きていくうちにね、色々経験して、掌にそれが刻まれるねん。」

「へ~~~~~!」と、それぞれ自分の両掌を見入るY&Hさん。

 

 

「たまに大人で赤ちゃんみたいな手相してる人おるねん。そういう人、大体無職(笑)。無職じゃないにしても、つまり足元が定まらん状態。」

「まだ夢見てるってこと?(笑)」と、Hさん。

「そうそう、そういうこと(笑)」

 

 

 

ひとしきりYちゃんの可愛さを堪能し、YとHさんとの談笑も落ち着き、解散。

 

 

 

帰宅してからも何度もYちゃんの写真を眺めては一人ニンマリする私。

こんなにも幸せな気持ちにさせてくれるYファミリーに、心から「ありがとう」と言いたい。

 

 

 

すくすくと元気に成長しますように。

 

怖い絵展&追悼 水木しげるゲゲゲの人生展。

皆様こんにちわ。

お盆です。

 

 

神戸の兵庫県立美術館へ

IMG_20170813_102927

怖い絵展』を観に行ってきました。

 

キューブ型の大きな看板。

IMG_20170813_103042

 

会場内は大変な来場者の数でした。

 

 

 

今回の看板にもなっている『レディー・ジェーン・グレイの処刑』の実物の絵画の前に立った時、その悲劇的な一瞬の場面があまりにも悲しくて、思わず胸を押さえ、涙が出ました。

見事としか言いようがない写実性から発せられる緊迫感と絶望感。

凄い画家です。

 

 

神戸は9月18日まで、東京でも秋に開催するようなので、足を運ばれてみては如何でしょうか。

 

クリアファイルと文庫カバー(文庫ノート&栞付き)を買いました。

IMG_20170813_162246

IMG_20170813_162348

 

 

灘区から神戸元町へ場所を移しランチ。

IMG_20170813_124909

センター街にある、京野菜を使ったパスタのお店『先斗入る(ポント イル)』です。

ハーフアンドハーフで、九条ネギと丹波地鶏のジェノベーゼ&生湯葉入りトマトソース。

セットのドリンクは宇治抹茶オレにしました。

とても美味しかったです。

 

 

わざわざ灘から元町へ移動した理由、それは美術展をはしごするため。

 

 

元町の大丸神戸店催事で、『追悼・水木しげる ゲゲゲの人生展』も観に行きました。

IMG_20170813_145212

8月14日(明日)までだったので行きたかったんです。

 

 

来場者は殆どが大人でした。

 

 

画力の凄まじさに圧倒されます。

描き込んでいる細かな点や線には、執念すら感じます。

 

 

 

南方の前線で戦って左腕を失くした水木先生の辿り着いた哲学、

『のん気にくらしなさい』

『怠け者になりなさい』

『けんかはよせ、腹が減るぞ。』

 

 

所属しておられた部隊で唯一の生還者だったらしい水木先生。

命からがら帰還したからこその言葉です。

 

 

じっくりと展示品の数々を観て回り、気づけば2時間経ってました。

 

 

 

夏の風物詩とも言える、怖いものと妖怪の世界。

 

 

でも今回の二つの美術展を観た感想は、『平和で穏やかな世界は願い続けなければならない』、というものになりました。

 

 

 

明日は、日本にとっての終戦記念日です。