アーカイブ

開会式だけは見たい。

皆様こんにちわ。

 

リオオリンピック、始まりましたね。

 

 

2008年のロンドンオリンピック開会式に関しては、ポール様が歌ったことと、007のかっこいい演出以外は殆ど印象に残っていないわたくしですが、オリンピックの開会式は開催国の威信を賭けた演出を見せていますね。

 

 

今回のリオオリンピックの開会式、録画して観ましたが個人的な感想としてはすごく良かったと感じます。

 

 

有名な映画監督が手掛けたそうですが、選手一人一人が植物の種を持ち、その苗は全て公園に植えられるとのこと。

 

 

西洋からの侵略と奴隷、移民、そして文明と引き換えに失われてきた豊かな森林。

世界中が注目する開会式で、世界中から参加する選手たちに種を持たせ、全ての国々の力で豊かな自然を取り戻そうというテーマを演出したのは、凄いと思いました。

 

 

 

ブラジルの太陽を模した聖火も素晴らしくて感動。

 

選手団を率いる案内役の乗る、花かごをモチーフにしている三輪車も、なんて可愛いんだろうと感動。

 

底抜けに明るいサンバと、開催国ブラジルの選手団。

 

緑化をテーマにしている五輪マークは、五色ではなく緑一色。

 

難民選手団をスタンディングオベーションで迎える大観衆。

 

ど派手な花火。

 

 

 

様々な国の人々の、最高の笑顔。

 

 

 

ロサンゼルスオリンピックからしか記憶にはありませんが、それ以降のオリンピックの開会式のなかで今回の開会式が一番心打たれました。

 

 

 

 

…となると、4年後の東京オリンピック開会式は…どうなるんだろうと気になり始めました。

 

 

 

日本の祭りをどーんとやってくんねーかな…と、一人本気で妄想しております。

サブちゃんの「祭り」熱唱ありきで(笑)。

 

 

 

アニメ、華道、書道、雅楽、相撲。

原爆、平和、震災、復興。

 

 

 

日本だから出来ることって、なんだろう。

日本が世界に向けて伝えたいことって、なんだろう。

 

 

 

J-POP歌手の国歌斉唱だけはやめてくれと思っている、どこへも全く影響力の無い私の脳内は、一人勝手に大忙しでございます。

 

広告

春の頂き物。

皆様こんにちわ。

本日は終日雨のようで、気温は高めなのですが風が強めでひんやりしている大阪です。

足元の悪い中ご来店下さるお客様方、有難うございます。

 

 

 

さて先日から頂きものがございました。

 

 

 

九州からお越しくださいました方より、

160326_212915

雪うさぎ。

箱も可愛い上に、中身も雪うさぎを模った餡入りの、ピンクニコニコと白いうさぎマシュマロが!

有難うございます。

遥々お越しくださいました上にお心遣いを頂き恐縮です。

心より御礼申し上げます。

 

 

 

 

続きまして、春らしいお菓子を2種類頂戴いたしました。

 

一つ目は、

160326_213149

中村藤吉本店の、桜春限定の抹茶ゼリイお茶

渋い抹茶ゼリーと白玉、そして桜餡。

大人のスイーツです。

この歳になりますと、こういう物がとにかく美味しいです。

濃厚な抹茶ゼリーとしっかり桜のお味の餡。

最高でした。

お気遣い頂きありがとうございます。

皆で頂きました。

 

 

 

もう一つは、関東からお越し下さったお客様から頂きました。

160401_205119

桜餅~~~!桜

桜餅LOVE。

春のこの時期だけ頂ける、The日本のお菓子日本

関東風(左)、関西風(右)のなんと二種類。

関東風の桜餅は始めて頂きましたが、美味しいですね~。

関西風はお萩スタイルなのですが、もち米が桜の味なんですよ。

どちらも口の中が春一杯の幸せなお菓子でございました。

有難うございます。

ご馳走さまでした。

 

 

 

一方こちら。

160331_222421

東寺の佛手柑飴(ブッシュカンアメ)を頂きました。

一日中喋りまくるので夕方以降は声が枯れてくる私を気遣って下さいました。

佛手柑という物自体、初めて知りました。

仏様が合掌拍手しているように見えることからそう呼ばれるようになったそうです。

この時点でかなり、ツボです。(思わず袋を見て拝んじゃいました)

食べてみますと美味しいんですよね。

確かに柑橘系オレンジのお味。

有難うございます。

 

 

 

そして、

160405_214028

うさこーーーーー‼お願い

な、なんと、うさこの杓文字‼

めっちゃ可愛いーーーー‼ラブラブ

ちゃんと独立して立てられるんですよ。

こんなのがあるなんて…私の心鷲掴みでございます。

 

 

うさこのお茶碗、小鉢、箸休め、箸置き、お皿、カップ諸々、お玉立て……

挙げれば切りが無いうさこだらけの我が家の食卓に、とうとう杓文字までやって来てくれました。

感動ラブ

 

 

しかも、混ぜご飯の素(生姜&かしわ飯)まで。

2合の炊き立てご飯に混ぜるだけ、という。

有難すぎます。

本当に有難うございます。

大切に使わせて頂きます。

 

 

 

 

ご紹介しきれなかった物もあるのですが、何卒無礼をお許し頂けましたら幸いです。

 

ガーベラ皆々様からのお心遣いに、心より感謝申し上げますガーベラ

 

 

贅沢な帰路。

皆様こんにちわ。

今週も一週間、連日の猛暑にも拘らず沢山のお客様方がご来店下さいました。
有難うございます。

あっという間に過ぎた今週でした。

 

 

一週間の仕事を終え、梅田の街を歩いているとJR大阪駅越しにドーンと大きな花火が。

立ち止まって見物している人の姿も。
私も思わず笑顔になりました。

(そうか、今日は淀川の花火大会なんだな。)

電車が混む前に早く帰らねば、と急ぎ足で梅田駅へ。

 

 

空いている席へ座り、文庫本を開いて読んでいました。

 

走り出した電車の中に居る私のところへも、ドーン、ドーンと花火の音が届きます。

 

ちょうど淀川に差し掛かったとき、くるりと体を反転させて窓の外へ目をやれば、そこには大きな大きな花火が。

電車の中が沸きました。
「わ~!」とどこからともなく歓声が。

 

乗客は皆、窓の外の花火に釘づけになりました。

 

目の前、真っ正面に大輪の花火が何発も上がっています。

紫、赤、緑、青、緋色。
ドーン、ドーン、ぱちぱちぱち…

 

 

車窓からこんなにタイミングよく、しかも最高の角度で見られるなんて。
陸橋を渡る電車とちょうど並行して打ち上がっている花火。

 

手元の文庫本から視線を外し、束の間の花火を眺めました。

 

 

なんて贅沢な帰路。

 

 

陸橋を通過するわずかな間だけでしたが、花火を見ている乗客の心が一つになりました。

車内は幸せな空気で満たされました。

 

 

 

淀川を通過して花火が見えなくなり、再び手元の文庫本を開いて読み始めた私の顔は、ずっとほころんでいました。

 

 

みんなみんな、幸せになりますように。

 

 

桃ーーーーーー!!

皆様こんにちは。

 

夏野菜がとっても美味しい季節ですね。
毎日トマト食べまくり(笑)。

我が家の胡瓜も大きく育って、今夜も酢の物を作ろうと思っています。
茄子は焼き茄子と麻婆茄子にでも。

信州の父の親戚からもトマトや茄子や玉ねぎが届きましたし。
我が家は今、野菜祭りです

先週、私も産直の玉ねぎを買ったところで、さてこの大量の玉ねぎ(12個くらい)をどうしようかと思案中。
サラダでも消化できるのは精々1個が限界だし、オニオンスープでも作ろうかな・・・。

飴色玉ねぎ3個くらい入れてカレーとかもいいかな。

きっとおいしい。

 

 

 

ところで夏野菜も美味しですが、夏の果物も美味しいですよね。

 

そして夏の果物と言えば・・・、

 

 

青森の友達の彼氏さんから、なんと箱いっぱいの桃が届きました~!

140727_123906

やっほーーーーーい!!
桃大好き~~~!
箱を開けた途端にあま~い桃の香りが

あぁ、幸せ。

 

J君、本当にありがとうございます。

感謝でございます

 

 

天神祭り宵宮&頂きもの。

皆様こんにちは。
大暑を過ぎまさに朱夏

 

 

明日は天神祭り本番。
本日は宵宮。

 

13時頃、店の前でお囃子太鼓と笛の音とともに『獅子舞氏地巡行』のお獅子が
真向いのお花屋さんでお獅子が舞っています。

140724_124644
わ~いラッキー!見れた~!
この暑い中、本当にご苦労様でございます。

明日の本宮、店の傍を通る陸渡御が見れる~
楽しみ~~~
多分16時頃にこの界隈を行脚するはず。

 

明日の本宮、夜は花火ですよ。
金曜の夜なので、沢山の人が見物にいらっしゃることと思います。

かく言うわたくしは一度も見物出来たことないんですが・・・
毎年、音だけ堪能してます・・・。

 

 

ところで先日、頂きものがございました。

 

 

大阪梅田の地下街、泉の広場にお店があるそうで、

140709_221340
スコーン。
イングリッシュティーのお店で買えるそうです。
紅茶の香りでした。
有難うございます。

 

 

もう一つ。

 

 

ブログ開設当時から何かと交流させて頂き、お世話になっているうさ友さんから、内祝いを頂戴いたしました。
ご主人様が独立なさりヘアサロンを開店なさり、その内祝いを賜りました。

遥々大阪の当店へお越しくださったのが、つい昨日のように思い出されます。

 

大好きなのりじさん、そしてご主人様、有難うございます。

140711_202601
紀州の福梅。
『一粒の至福』と書かれたその通り、めーーーーっちゃ美味しい梅干しです。
なんて贅沢な梅干しでしょう。

140711_202640
優しい酸味です。
みんなで美味しくいただいております。

 

 

 

 

 

明日の天神祭り、皆様も陸渡御、船渡御、花火、ご覧になられてはいかがでしょうか。
天神祭り情報

夏の恵み。

皆様こんにちは。

本日の午後に突如、雷鳴とともに豪雨がやってきました。
慌てて洗濯物を入れました。
長引かず上がってくれたので、また干しました。
この季節はあっという間に乾いてくれるので洗濯が楽しいです。

 

 

ところで、今年になってプランターで父が育てていたものを収穫いたしました。

140720_181914
プチトマト。
どれもちっこい。

 

 

140720_175828
なす。
でっかい。

 

 

140720_175758

胡瓜(下)。 *比較の為、スーパーで買ったものと並べています。
引くほどでっかい。
宮崎の田舎で食べた胡瓜を思い出す大きさ。

測ってみたら、32センチありました。
もはや鈍器です。

 

 

 

全部プランターで栽培。
まさか、ここまで育つなんて。

 

 

夕方に収穫していると、一匹のミツバチさんが茄子の花に近づいてきました。
「ミツバチくん、がんばれ~。どんどん受粉してね~
と声をかけて眺めておりました。

ミツバチ君のお蔭で胡瓜も茄子も実をつけてくれました。
有難いことです。

 

 

茄子は明日以降に調理することにし、今夜の夕食は胡瓜とプチトマトを使うことにしました。

140720_183454

買ってあったセロリとワカメも加えて酢の物に。

胡瓜とプチトマトはうちで獲れたものだし、野菜そのものの味は全く期待していませんでした。
ところが、これがめっちゃ美味しくて衝撃。
もちろん無農薬ですし。

スライスしているときから胡瓜の水分の豊富さにびっくりでしたが、食べてみると、えぐ味は無く、しっかりした味です。
大きく育ってしまったので大味じゃないかと予想していたのですが、全然そんなことありませんでした。

プチトマトに至っては絶対酸っぱいだろうと思っていたのに、フルーツトマトのような甘さが。
驚きです。

 

まだ茄子も胡瓜もプチトマトも実ってきているので、楽しみです。

 

茄子は、焼き茄子にでもしようかと思案中でございます。
うふ。

 

 

夏野菜万歳。

 

 

 

 

求められる自分。

みなさまこんにちは。

今日から4月、新年度の始まりです。

気持ちを新にスタートです。

 

 

 

先週末の帰り道、歩きながら線路沿いの桜を眺めておりました。

地元の駅は昔から桜が有名で、この時期は見事です。

130330_213102

桜の木の下で足を止め、笑顔で見上げる人や、携帯で写真を撮る人も多くいらっしゃいます。

私もそのうちの一人です。

130330_213131
お天気の良い昼間などは、首からデジタルカメラをぶら下げた、カメラを趣味にしている人たちの姿も。

今朝は満開で、幸せな一日、新年度のスタートとなりました。

 

 

 

 

ところで、4月1日はエイプリルフール。

エイプリルフールといえば、恒例のGoogle。

今年も「こんなことよく考えるよね~。」と感心しながら、ニヤニヤと笑ってしまいました。

 

 

 

面白いことを考えるのは、一つの才能です。

人を楽しませる事が出来るって、凄いことですよね。

面白いことを考え、生み出せる人は、頭のいい人です。

 

 

 

『頭がいい』と一言で括っても、頭の良さには色々あります。

学問、知恵、アイデア、見解、人の心を察知する・・・などなど。

 

 

 

 

「忘己利他(モウコリタ)」という言葉があります。

最澄が遺した言葉だそうで、「己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり」ということです。

 

 

 

勉強してもっと成績を上げたい、と思って努力することは立派な事です。

あちこち駆け回って営業成績をもっと伸ばしたい、と行動することは立派な事です。

 

 

 

願わくばその先に、或いは基盤に、「忘己利他」の精神が欲しいところです。

なぜなら、才能や知識は、自分の為に授かったものではないからです。

 

 

 

権利の主張をするには、それ相応の資格と資質が必要だということを知らねばなりません。

なんの努力も実績もないのに、初めから権利の主張をする、或いは自分は特別だと勘違いして面倒を他者に押し付ける行いは、「我欲の極み」です。

 

尤もらしい屁理屈を述べて何の我慢も努力もしないのは、単なる怠け者であり、果ては社会悪へと繋がり、『誰からも望まれない人』になります。

 

 

「自分さえ良ければ、人のことなんかどうでもいい。」と、本気で思っているとすれば、とんでもない話です。

 

そう思い込んでいる自分の周りで、一体どれだけ多くの人々を不愉快にし、傷つけ、不幸にしてきたかを考えれば、そんな自分に幸せが来ないことくらい、誰にでも分かる事です。

 

それすら想像できないようであれば、重症です。

 

 

世界情勢を見ても、戦争や紛争が起こっている原因は、「過ぎた我欲」です。

 

 

互いが利他の精神で居れば、揉め事など起こるはずがありません。

自分以外の誰かを喜ばせるため、助ける為にやってこそ、幸せは巡ってくるんです。

 

 

 

電車に割り込んで乗り込み、「当然の権利」と言わんばかりのがさつな振る舞いをなさっている方々がいますが、「最近の若いもんは」と仰る年代の方々のほうが、そうした行いをなさる様子は目立ちます。

お年寄りが乗車してきたら、さっと席を譲るのは、圧倒的に若者です。

 

 

また、車内でメイクをする女性達、イヤホンの音漏れ、これも我欲からくる行いです。

 

 

混雑する電車やバスにベビーカーを畳まずに乗り込むことも同じです。

子供が居ない人には解らない、と思ってはいませんか?

子供が免罪符だと勘違いしていませんか?

 

 

 

例えばベビーカーを畳んで、子供を抱っこして荷物を抱えていれば、誰の目にも大変なのは分かりますから、必ず誰かが席を譲ってくださいます。

 

 

しかし、他者への迷惑より目先の自分の楽さを優先した結果、周囲から白い眼で見られ、人の優しさとはどういうことなのかを学ぶ機会を、可愛いわが子から奪ってしまうんです。

 

残念なことです。

 

 

 

『指摘されなければ誰も迷惑していない』というのは、自分の中の勝手な言い訳に過ぎません。

 

そういう人を、喜ばせたい、幸せにしたいと思ってくれる人が、身内以外で存在するでしょうか。

そういう人が困った時、真剣に話を聞いてくれて、力になってくれる人が、身内以外で存在するでしょうか。

 

 

 

一人で平気。

 

 

そう思っている人でも、この世の中、完全に一人では生きてはいけません。

通貨というものが存在する世の中である以上、完全に一人で生きることは不可能です。

 

 

 

「忘己利他」の精神を持つことが出来れば、巡り巡って幸せや愛情がやってきます。

 

 

 

iPS細胞でノーベル賞を受賞なさった山中教授。

今後の医学の研究と進歩の為に、特許を取らなかったという立派な方です。

我欲が勝る人であれば、即座に特許を取っていたでしょう。

 

 

 

一方、何だかよく分からない登場をし、支離滅裂な応答で嘘がばれ、叩かれまくったM氏。

 

 

 

このお二人の明暗を別つもの、それが「忘己利他」です。

 

 

 

 

いざという時にどういう行いができるかは、日頃からの心がけに因ります。

取ってつけたような振る舞いや行いのメッキが剥がれてしまったときには、目も当てられません。

 

 

 

求められる自分であるかどうか。

これに尽きるのではないでしょうか。