あなたを縛るもの。

皆様こんにちは。

すっかり秋です。

私はすでに風邪をひいてしまいましたが、皆様はどうぞご自愛くださいませ。

 

 

 

さて今回のテーマですが、「あなたを縛るもの」です。

 

私たちは日々の生活の中で様々な制限を受けて生きています。

それは、社会の秩序を保つためにある程度必要なことであると思います。

 

 

けれどもよくよく考えてみると、幼い子供など、庇護されなくては生きていけない場合を除き、大人になればどなたにも選択する自由を持つことができます。

 

何を守っているのかわからないけど、保守的な考えを持つ人は少なくありません。

その人自身が何を守っているかわからないんですね。

 

 

失敗したくない、みんなと同じことをしていればきっと痛い目に遭わないはず、などという「安全神話」や「ありもしない平均の妄信」を頑なに守っているに過ぎません。

 

 

生まれてから死ぬまでに、ハプニングを経験しない人は居ません。

必ず何らかの事態に遭遇するものです。

 

 

 

保守的な自分というのは、いわば「引き算の生き方」なのではないでしょうか。

「今までこれをやってきたから、これしかできない。」

「やったことが無いからやりたくない。」

つまり、今ある枠の中だけで事を済ませようとする発想です。

 

 

人は必ず成長し続けることができます。

 

人とかかわり、交流し、時に自分の考えの甘さや至らなさを反省する、そのために考えの異なる様々な人たちと関わって生きていかねばならないのだと思います。

 

けれども極端に保守的な人は、「変えない前提」で物事を進めようとします。

 

それは言い換えると、「私は変えないからみんなが私に合わせてね。」と要求していることになります。

これって、結構危ないですよね。

 

 

自分に都合よく環境や人が動いてくれることなどありません。

自分は何も変わっていないから誰にも迷惑をかけていない、と思うかもしれません。

 

でも本当にそうでしょうか。

 

 

「変わりたくない」と思っている自分のために、周りが自分に合わせて、折れてくれているとしたらどうでしょう。

 

最も自分が嫌だと思っている「変わること」を、他者に強いてさせていることになりませんか?

 

自分が強いられて嫌なことは、人にもしてはいけませんよね。

 

 

 

人には可能性というものが備わっています。

どんな人にも可能性があり、お役目があります。

 

保守的な人が幸福になるために一番大切なことは、冒険心とワクワクする好奇心です。

 

 

心がウキウキしているその瞬間を否定せず、そこに素直に行動してみましょう。

自分一人では決して見ることができなかった景色や、あらゆる面白いこと、感動が待っています。

 

 

未知の事への恐れが自分を縛っています。

過去の経験に倣うことは人として大切なことですが、それだけでは壁にぶち当たってしまいます。

これまでの経験で培ってきた価値観が全否定される経験も、人生のとある時期に遭遇します。

そういう時にやるべきことは、自分が正しいと思っていることを疑うことです。

 

 

 

物事はバランスです。

自分の意見を通そうとすればするほど、意地を張れば張るほど、相手からの圧力は増大します。

 

相手が変わることを願うのなら、自分が考えを変えること、対応を変えるしかないのです。

 

 

 

善悪と勝ち負けだけで測れるほど、世の中はわかりやすくできていません。

変われないのではなく、変わりたくないというエゴが自分を縛っているのです。

 

 

出来ないと決めつけず、増やせばいい、という足し算の発想で生きてみましょう。

その先には、多少の苦労はあるかもしれませんが、一歩進んだからこそ出会えるご縁や面白いことがたくさんあります。

 

 

引き算の人生を卒業し、足し算の人生を謳歌してくださいね。

 

広告

寂しいのは生まれつき。

皆様こんにちは。

 

秋めいてまいりましたね。

夕方になると虫の声が聴こえます。

風情があります。

 

 

秋になると人恋しくなる、と昔から言われておりますが皆様は如何でしょうか。

 

 

家族が居ないから寂しい、

恋人が居ないから寂しい、

友達が居ないから寂しい、

職場で信頼できる人がいないから寂しい、

などなど色々な寂しいがあると思います。

 

でも、

 

家族が居て、恋人が居て、友達が居て、学校や職場でみんなとそこそこうまくやっている、

なのに、寂しいと感じる場合があります。

 
○○が居ないから寂しい、ということなら分かりやすいのですが、居ても寂しいとしたら一体その理由は何なのでしょう。

 

 

実は、人は生まれつき寂しいと感じるように出来ているから、なのです。

 

 

生育環境により、孤独や寂しさを感じる度合いの差は確かにあります。

けれども、もともと人間は孤独に生まれついているのです。

 

 

孤独を埋めようと頑張って、誰かと繋がろうとすればするほど、何故か孤独のスペースは大きく膨らんでいきます。

 

自分の中にある孤独や寂しさや空虚感は、誰かが居るから埋まるものではありません。

その誰かとの縁が離れたら、それまで以上の寂しさに襲われます。

 

 

人は、生まれて死ぬまでの間、多くの出会いと別れを経験します。

それはとても自然なことで、たとえそれが家族であったとしても、別れはやってきます。

 

 

誰かが居るから寂しくないのではなく、誰もいないから寂しいのでもなく、誰が居ても居なくても、孤独や寂しさから逃れることは、人として生きている以上避けようがないことなのです。

 

 

永遠に孤独や寂しさを感じなくて済むような人生は一つもないでしょう。

 

でもだからこそ、みんなそういう想いを心の中に潜めながら日々を暮らしている、ということに目を向けましょう。

 

 

寂しさを知ること、孤独を知ることは、とてつもなく辛いことですが、その痛みや苦しさは誰のものとも代替できることはなく、自分自身のものでしかありえません。

 

 

最終的な真の理解者、絶対的に心を空洞を埋めてくれる存在は、自分自身しかありえないということになります。

 

 

 

寂しさや孤独感をこじらせると、対人関係に様々な影響が生じます。

 

人に意地悪なことを言ったり、おこなったり、幸福そうに見える人を見ては妬ましく感じて、我が身のままならない状況を恨んだりします。

 

そんなことをしていても何の解決にもならないどころか、むしろ負のエネルギーを自分の中でどんどん育ててしまい、制御不能な自分を作り上げてしまいます。

 

 

 

『生まれてから死ぬまで、寂しくて孤独なのが人間である。』

 

それに気づいて開き直ったとき、はじめて寂しさと孤独から解放されます。

 

 

 

寂しいのはお互い様。

 

そう思って周りを見渡してみてください。

 

 

そしたら、それでも笑顔で暮らしている人たちがそこに居るはずです。

 

<お知らせ>9月5日水曜日・通常営業です。

皆様こんにちは。

 

<お知らせ>

9月5日水曜日、通常通り営業再開いたします。

 

けれども昨日の今日でまだ日常に戻れない方もいらっしゃると存じます。

もしご予約のお客様のなかでご来店が困難な場合は、どうぞ無理をなさらず、可能であればご連絡くださいませ。

 

 

昨日の台風21号、各地で大変な被害になっております。

自宅のある兵庫県南東部は、昨日14時頃から今朝の時点では未だ停電中です。

幸いガスと水道は問題なく機能しております。

地元駅近くの地区は今朝の様子だと電気が復旧していたので、自宅のある地区も間もなく復旧するだろうと見込んでおります。

 

 

しかしながら、地域によっては電気・ガス・水道全てがストップしているとのこと。

特に、小さなお子様や高齢者のいらっしゃるご家庭は本当に大変かとお察しいたします。

 

どなた様におかれましても一日も早い復旧を願っております。

 

史津香。

9月4日火曜日の営業について。

皆様こんにちは。

明日の9月4日火曜日ですが、お昼12時頃には台風21号が当店の地域に強い影響をもたらす予報となっており、安全を最優先に考え臨時休業とさせていただくことに致しました。

 

すでに明日はご予約満席となっておりましたが、ご予約を下さっておりましたお客様方にはご連絡し、お日にちのご変更にご協力を頂きました。

 

ご快諾、ご協力くださいましたお客様方に心より感謝申し上げます。

5日水曜日は通常通り営業させていただく予定です。

 

どなたさまもご安全にお過ごしくださいませ。

 

「東洋占い雨のち晴れ」 史津香。

8月23日木曜日の営業について

皆様 おはようございます。

 

 

本日、2018年8月23日木曜日ですが、四国・近畿は夕方から台風20号の影響が強いとの予報が出ております。

安全を最優先させていただき、本日は16時閉店とさせて頂きます。

16時以降のお客様皆様につきましては、すでにお日にちのご変更にご協力を頂きました。

心より感謝申し上げます。

予報通りの台風通過であれば、明日は通常通り営業できるかと存じます。

 

店主・史津香。

お墓参りとリセット。

皆様こんにちは。

酷暑です。
とんでもなく暑いです。
体力に自信のある人ほど、油断なさっているようです。
どうかどなた様も無理なさらずご自愛くださいませ。
例年のように仕事帰りの電車の車窓から、乗り合わせた多くの乗客の皆さんと共に淀川花火大会の花火をほんの少し見ることが出来ました。

ドーン

花火

ドーン

花火

夏ですね。
あ、写真はありません(笑)
日曜日の本日、お盆の混雑前にお墓参りへ行ってきました。
朝のうちに行って昼前に帰ってきましたが、汗だくになりました。
首から提げたタオルで滝のように落ちてくる汗を拭きながら、水を飲みながらのの草むしり。
去年のお盆のお墓参りのときはヒグラシが鳴いておりましたが、今年はつくつくぼうしが鳴いていました。
直射日光を避けるために日傘をさしてお参りです。
祖母と母よ、生きている私達は肉体に縛られているので帽子や日傘が無いとぶっ倒れてしまうのです。
だから、帽子は脱いでいるので無礼を承知で日傘をさして手を合わせることを多目に見てやって下さい。
心のなかで母に話しかけ、報告し、また来るね~、と早々に退散です。
霊園はとても広く、駐車場と墓地エリアを結ぶ通路があるのですが、その通路がとても好きなのです。
蝉の声、風が揺らす木々の音、鳥のさえずり、木々の香り、清々しい空気。
今日も通路の途中で立ち止まり、
すー、ふー。
すー、ふー。
深呼吸。

この木漏れ日に包まれた束の間、体の中に溜まっていたものが排出されてリセット出来ました。